2018年2月2日金曜日

極寒の日 全面氷結の氷瀑を見に岩手山の七滝に行ってきた


 今朝はこの冬一番の冷え込みで、我が家の温度計が氷点下-15℃を下回った。
ほぼ快晴で風もなく穏やかだったので、全面氷結の氷瀑を見るため岩手山山麓の七滝へ行ってきました。 例年ならばスノーシューを履かないと歩行が大変なのだが、今年は入山者が多いためか踏み跡が多く雪面は固まっていてツボ足で歩くことができた。 なので、いつもの冬なら1時間以上かかるのに、今回は登山道から50分弱で七滝に着くことができました。 下段の落差が35mほどの滝、今年も全面氷結となっていました。


沢の上からパチリ


急斜面を下って沢の下からパチリ この時に岩手日報の記者2名が滝の下へ降りてきた


滝つぼの淵から見上げて



滝つぼのツララ


幹を登る雪龍


こちらは白蛇か


いろんな表情が面白い



0 件のコメント:

コメントを投稿